「シューティング」よりも「タクティカル」のあなたのために

『タクティカルシューティングパッケージ』をご用意いたしました。僕も良く知っています。そうなんですよね。タクティカルですよね。

貸し切りのレンジでやらかしましょう。

笑ってますけど、グアムのどこよりも口やかましいです。

  1. 銃口管理など、安全指導
  2. グリッピング、サイティング、構え方
  3. マガジンへの弾込め
  4. ホルスターとマガジンパウチ着用と使い方
  5. スローファイヤ
  6. ロウレディからの初弾練習
  7. ホルスターから抜いての初弾練習
  8. 、、、

実銃を撃ち慣れている人、何度も経験がある人ほど、案外できていなかったりするんですよね(僕もよく叱られました)。海外で実弾射撃を体験して、帰国後にその様子がアップされたYouTube動画を観ながら、そのガンハンドリングに結構ハラハラドキドキ心配になってしまう時があります。

ツアーの最中だと、「お客さまだから言えない」とか「常連さんだからちょっと、、、」といったツアー会社側の忖度もあるのでしょうけど、僕はハッキリ言いますから。だって1回でも多過ぎるじゃないですか。そのテのやらかしはゼッタイしたくないですよね。なので、気がついたら何度でも言いますので。

もしかしたら強めに聞こえることもあるかもしれません。でも怒っているのではありませんから。お互いそのほうが絶対良いですから。保証します。

「Takaさんの声が聞こえなかったけど、まぁだいたいこんな感じかな〜」とかいって、なんとなくその場の雰囲気で進めてしまうのもやめましょう。僕の説明が上手くなかったり意味が分からなかったりした時には、遠慮なく聞き返してくださいね。

僕も勉強になりますので、必ずお願いいたします🙏

コース 概要

一日2名さままで
少人数制の限定コースです。

ターゲットまでの距離は、最短で10ヤードから最長で50ヤード。

最初は近くに設置して撃ちます。

慣れてきたら、少しずつ的までの距離を遠くしたり、的の位置を変えたりしていきます。

別に的までの距離なんかにこだわらなくても全然大丈夫! あなたが楽しい距離で撃ちましょう。

鉄板の的はまずは2枚から。好きな距離に設置できます。

複数のスティールターゲットを連続して撃つなど、スポーツシューティングのような撃ち方にも挑戦できます。

また、ダブルタップやコントロールペア、移動しながらの連射、ストロングハンドまたはサポートハンドオンリーでの片手撃ち、スピードリロードやタクティカルリロードなど、スポーツシューティングよりさらに実践的なタクティカルシューティングも、弾の続く限り思う存分お楽しみください。

『タクティカルシューティングパッケージ』には、ハンドガンとともにライフルでの射撃が加わります。5.56mm NATO弾(民間用の.223 Remington弾)を撃つアサルトライフル(M4カービン)、または、ハンドガンの弾薬(9x19mm弾)と同じ弾を撃ち出すPCC(ピストルキャリバーカービン)からお選びください。

撃ち方は自由です。

ホルスターから抜いて撃ちたい人ももちろん大歓迎。

初めての方から経験者まで、あなたの技量に応じてアレンジします。

ホルスターもご用意しました。

ホルスターとマガジンパウチはブレードテック社の最新モデルを使用。グロック G34、SIG P320、1911用をご用意いたしました。

スリングもあります。

ライフルはスリングで肩からかけられます。シングルポイント、ダブルポイント、両方のスリングをご利用いただけます。ご自分の使い慣れたQDスリングをお持ちの方は、どうぞご持参ください。

普段、シューティングやサバイバルゲームで使っているホルスターやマガジンパウチを持参してご参加いただくことも可能です。また、タクレットLを使用しての、コンシールドキャリーからのシューティングもご体験いただけます。

※ ホルスターなどからのドロウは、お客さまの銃口管理やガンハンドリング(銃の取り扱い方)を拝見させていただいたうえで判断させていただきます。あらかじめご了承ください。

ステージの一例

これらはほんの一例です(各ステージをタップ(クリック)すると大きく表示されます)。同じステージでも、撃ち方や撃つ的の順番を変えたり、途中にマガジンチェンジを入れるなどすることで、様々なアレンジが可能です。

料金

★2ガンパッケージ★ $600/人

ハンドガン & ライフル(M4)
ライフル(.223) 60発
ハンドガン(9x19mm) 120発
銃のレンタル 4挺 (ハンドガン 3挺、ライフル 1挺)
(所要時間: 約6時間)

『2人で』プラン (2人でレンタル銃をシェア&弾薬を山分け)

2人でシェアしながら撃てます。弾数はお互い話し合って決めていただいて構いません。仲良く半分ずつでも良いですし、私の方が少し多めとか、パートナーの方がOKでしたら全然オッケーです。ちょっと物足りなかった時には、追加料金にて「弾のお替り(.223 Remington 20発 $60、9x19mm 50発 $120)」もできます。

★2人で2ガンパッケージ★ $700/2人 ($350/人)

ハンドガン & ライフル(M4)
ライフル(.223) 60発
ハンドガン(9x19mm) 120発
銃のレンタル 4挺 (ハンドガン 3挺、ライフル 1挺)
※ 弾薬と銃を2人でシェア
(所要時間: 約6時間)

入手困難なナイツアーマメントのアッパーに、ズームスコープとダットサイト、さらにレーザーを搭載したM4カービンをご用意しました。100メートル未満の距離からは、ライフル弾でのスティールプレートへの射撃ができませんので、こちらのライフルではペーパーターゲットを撃っていただきます。

立って撃っても、ニーリングで撃っても、プローンで撃っても、移動しながら撃ってもOKです。VTACのバリケード、一緒に作りませんか?! 手伝ってくれる方、募集中です。

ライフルとハンドガンのトランジションも練習しましょう。

初めての方へやさしい.22LRの弾薬と交換することもできます。
※ 弾数は9mmパラベラム(9×19mm)弾の2倍で換算します。
例: 9mmパラベラム(9×19mm)弾×25発=.22LR×50発

※ レンジフィー(射場利用料金)、講習料、送迎費など、すべて込み。
※ ご宿泊ホテルへのお迎えは「09:30(午前9時半)」。
※ 追加料金にて「弾のお替り」もできます(.223 Remington 20発 $60、9x19mm 50発 $120)。

★2ガン9mmパッケージ★ $600/人

ハンドガン & PCC(ピストルキャリバーカービン)
9x19mm 200発
銃のレンタル 4挺 (ハンドガン 3挺、PCC 1挺)

アメリカの実弾射撃訓練の教官として日本にもファンが多いクリスコスタ氏が愛用していた、War Sport Industries, LLCのPCCモデルです。2017年にノースカロライナ州のZRO Deltaという会社に吸収され、今となっては幻のピストルキャリバーカービンとなってしまいました。マグプルのMBUS2フリップアップサイトセットとともに、SIG SAUERのRomeo5というダットサイトを載せています。Romeo5は等倍のダットサイトですが、50メートル先のスティールターゲットも狙いやすく十分イケます。

『2人で』プラン (2人でレンタル銃をシェア&弾薬を山分け)

2人でシェアしながら撃てます。弾数はお互い話し合って決めていただいて構いません。仲良く半分ずつでも良いですし、私の方が少し多めとか、パートナーの方がOKでしたら全然オッケーです。ちょっと物足りなかった時には、追加料金にて「弾のお替り($120/50発)」もできます。

★2人で2ガン9mmパッケージ★ $600/2人 ($300/人)

ハンドガン & PCC(ピストルキャリバーカービン)
9x19mm 160発
銃のレンタル 4挺 (ハンドガン 3挺、PCC 1挺)
(所要時間: 約5時間)

★2人で2ガン9mmパッケージ★ $700/2人 ($350/人)

ハンドガン & PCC(ピストルキャリバーカービン)
9x19mm 200発
銃のレンタル 4挺 (ハンドガン 3挺、PCC 1挺)
(所要時間: 約5時間)

PCC(ピストルキャリバーカービン)の楽しさは、スティールターゲットを撃てること。タランタクティカルの動画のように、スティールターゲットを次から次へと撃ちまくりましょう!

(所要時間: 約6時間)

初めての方へやさしい.22LRの弾薬と交換することもできます。
※ 弾数は9mmパラベラム(9×19mm)弾の2倍で換算します。
例: 9mmパラベラム(9×19mm)弾×25発=.22LR×50発

※ レンジフィー(射場利用料金)、講習料、送迎費など、すべて込み。
※ ご宿泊ホテルへのお迎えは「09:30(午前9時半)」。
※ 追加料金にて「弾のお替り($120/50発)」もできます。

対象年齢

18歳〜

催行日

毎日
※ Taka自身のトレーニングや射撃競技への参加、アメリカ本土への機材の仕入れなどのために、お休みさせていただく場合があります。

含まれるもの

ホテル送迎、ホルスタ、ベルト、マガジンパウチ、アイプロテクション、イヤマフなど、スポーツシューティングに必要な装備一式レンタル、ハンドガンレンタル(1挺)、ターゲット(標的)、レンジ(射撃場)使用料
※ ターゲットのベースを撃った場合は、別途$120を請求させていただきます。あらかじめご了承ください。

各自用意していただきたいもの

水、タオル、食べ物(スナック、エナジーバー、ランチなど)

服装

Tシャツまたは襟付きのシャツ、靴。

あったほうが良い物

帽子、使い慣れたメガネやサングラスなどのアイプロテクション、自分に合ったベルト(幅: 1.5〜1.75インチ(38〜45mm))。

★ひとつだけごめんなさい★

まことに申し訳ありません。射撃競技場にはトイレや水道の施設がありません。設置を働きかけていますが、今のところその予定はありません。水分補給と体調管理は各自自己責任でお願いします(もちろん「どうしても」という時には、なんとかします)。

使用するハンドガン(9x19mm)

Glock 34 Gen.3
SIG SAUER P320 X-FIVE
Springfield Armory Model 1911-A1
※ 競技用のカスタム仕様となっています。

使用するライフル

Knights Armament SR-15 M4 (5.56mm NATO)
WAR SPORT LVOA W-9 (9x19mm)

実弾射撃をするためにグアムを訪れるのも良し。

グアムに来たついでに実弾射撃を体験するのも良し。

『グアムシューティングアカデミー』はどちらもウェルカムです。

日本では絶対にできないことのひとつが、特にピストルでの実弾射撃。

アカデミーでは、ただ突っ立って撃つだけじゃないんです。

連射OK

片手撃ちOK

移動間射撃OK

超アクティヴな実弾射撃を、限界ギリギリのスリルと拍子抜けするほどの楽しさとともに体験できます。

安全・安心第一がモットーです。

本物の銃を撃っての写真や動画は、インスタ映えすること間違いなし。

グアムの青空の下、撃ってスカッとして撮ってニコッとできるグアムでの野外実弾射撃。

グアムの風物詩のひとつにスコール(にわか雨)がありますが、屋根付きのレンジ(射場)ですのでそんな時でも濡れずに撃てますよ。

グアムだからできるオプショナルツアー。

それも他では真似のできないここだけの実弾射撃アクティビティです。

グアムでのあなたの滞在が、すてきな思い出となりますように。